自動車の税金:自動車購入時・保有時に必要となる税金一覧

自動車を購入する時はもちろん、保有時(維持)するにも多くの税金がかかってきます。
小型・普通乗用車の場合は特に金額(税率)が高いため、負担の少ない軽自動車の売れ行きが延びているのもごく自然な流れと言えます。
※しかしながら自動車税、自動車重量税の一本化された環境自動車税が今後導入されると軽自動車の負担増となる可能性があります。

Web自動車手続きミニガイド:自動車購入時・保有時(維持)にかかる税金一覧

消費税

自動車の購入時に必要

自動車を購入する際には車両価格(オプション含む)や登録手数料などの合計に対する5%の消費税がかかります。

自動車取得税

自動車の購入時に必要


自動車取得税は車の取得価額に対して自家用乗用車の場合で5%、自家用軽自動車の場合は3%支払う必要があります。
取得価額は車を購入した金額と必ず一致するわけではありませんのでご注意ください。



自動車重量税

自動車の購入時/保有、維持にも必要

自動車重量税は車の購入時や車検時などに次の車検期間分を前払いし、主に車両の重量に応じて金額が変わる税金です。
なお、車の重量とは車検証上の車両重量(乾燥重量)であり、車両総重量ではありません。
自動車重量税については月割りでの支払い制度がないため車検付きの車を販売店等から購入する際に請求される事はありません。



自動車税

自動車の購入時には未経過月分が必要/保有、維持にも必要

自動車税は4月1日の時点で対象車(軽自動車は別)を所有する方に対してかかります。
毎年5月ごろまでに税事務所より自動車税納税通知書が送付されてきますのでそれを持って金融機関等に行き一年分の自動車税を一括して納めます。
年度の途中で車を購入した場合は次の3月までの未経過月分を支払うシステムとなっています。


つまり新たな車を月末に登録するのであれば翌月初めに登録した方が少し得となります。また、3月登録の場合の自動車税は0円となります。
・自家用軽自動車の場合は年度の途中で購入しても軽自動車税を納める必要が無く、次年度から一年分の金額を一括して納めます。
・自動車税は年度の途中で廃車といった抹消登録を行った場合は、翌月〜3月までの税額が月割りで還付されます。
軽自動車税については月割り制度自体が無いため還付はありません。









当記事へのURL:This site is linkfree!!
http://www.netcom-jp.com/cns/tax/taxall.html