自動車重量税あらまし、エコカー減税・エコカー補助金

国税である自動車重量税は自動車の新車新規登録時や軽自動車の新規検査届出、車検時に納める事となります。
その税率(金額)は自動車の区分、車の重量、車検有効期間によって決められており、その車に定められた税率分の印紙を購入し納める事となります。
※車の重量とは車検証上の車両重量(乾燥重量)であり、車両総重量ではありません。
なお、自動車重量税については月割りでの支払い制度がないため車検付きの車を販売店等から購入する際に請求される事はありません。

Web自動車手続きミニガイド:自動車重量税のあらまし

自動車重量税の支払いが必要となる時

・車の新規登録時
・車検時(継続検査)

次回車検までの満額に相当する分の印紙を自動車重量税納付書に貼って納めます。

【自然にやさしい車はエコカー減税により負担軽減】

環境性能基準に特に優れている自動車は免税もしくは軽減されるエコカー減税が実施されています。
(対象期間:平成21年4月1日から平成24年4月30日まで新規検査および初回の継続検査に適用)

環境性能基準とは? ◎排出ガス(星マークのシール)/◎燃費(緑の地球のシール)


●次世代自動車(電気自動車・プラグインハイブリッド車・クリーンディーゼル車・ハイブリッド車・天然ガス自動車)は免税。
・継続検査等(対象期間内に最初に受ける検査1回分)に係る自動車重量税が免税つまり0円とされます。

●低燃費、低排出ガス認定車については新規検査、継続検査等(対象期間内に最初に受ける検査1回分)に係る自動車重量税が軽減。

これらの具体的な税率(金額)については以下を参照のうえ、リンクしている国土交通省PDFファイルをご確認ください。


【平成22年4月1日より多くの対象車の税率は引き下げられています】

●重量税の基本的な税率の計算についての考え方

@18年を経過している車両について
・自家用乗用車0.5トンあたり「1年分:6300円」
つまり、継続の車検時には1.5トン以下の車両の場合は重量3倍の2年分で従来通りの37800円となります。

A上記以外の減免無し車両
・自家用乗用車0.5トンあたり「1年分:5000円」
2-1:継続の車検時には1.5トン以下の車両の場合は重量3倍×2年分で30000円
2-2:新規登録時は3年分、つまり45000円となります。
■自家用軽自動車(減免無し車両)は1年あたり3800円の計算。2年で7600円。3年で11400円。

B電気自動車・プラグインハイブリッド車などの特に優れている車種は免税車両として重量税は0円。

C50%、75%減税認定車両はAより割合を計算します。


【@〜Cの詳細については下記リンクよりご参照ください。】

●税率一覧表「平成22年度税制改革にともなう自動車重量税の変更について/税率一覧表
(国土交通省PDFファイル)

●免税・減税対象車の確認「環境性能に優れた自動車に対する自動車重量税等の減免について
(国土交通省サイト)

【まだまだある!自然にやさしい車のメリット:エコカー補助金について】

・登録自動車 10万円 / 軽自動車 7万円
・平成23年12月20日から平成25年1月31日までに新車新規登録(登録自動車)または新車新規検査届出(軽自動車)された自動車が対象

エコカー補助金については「一般社団法人 次世代自動車新興センター」をご確認ください。
補助金対象車種について確認も可。


【重量税の還付について】

リサイクル法との兼ね合いもあり平成17年より登録自動車ならびに軽自動車の廃車(適正に解体が確認されたものに限る)に限っては、申請すれば残存期間に応じて重量税の還付が受けられるようになりました。(車検残存期間が1か月以上の場合のみ)
下取りや譲渡、売却、一時的な一時抹消登録といった場合は廃車還付制度の適用はなく、あくまで適正に解体が確認された場合となります。

●還付金の基本的な計算方法(目安)

最後に支払った重量税の額 × 車検残存期間 ÷ 車検有効期間 = 還付金の額

@例えば:車検残存期間が6ヶ月の場合で37800円(1〜1.5トン)の重量税を支払っていた場合。

37800 × 6 ÷ 24 = 9450円が還付

A車検残存期間が4ヶ月の場合で50400円(1〜2トン)の重量税を支払っていた場合。

50400 × 4 ÷ 24 = 8400円が還付


【重量税還付の際の気になる事】

還付は車検証上の「車の使用者」でなく「所有者」に還付される決まりがあり、ローン中で所有権留保付車やローンが完済しても車検証の内容を変更(所有権解除の手続き)していない場合は、使用者には還付されませんので注意が必要です。

その場合は所有者から委任状を預かる方法が一番手軽に済みます。

還付についての詳細は下記、国税庁ホームページよりご確認ください。乗用車、軽自動車の「委任状」の印刷も可能(ページ下付近)です。

自動車重量税の廃車還付制度について


【ユーザー車検の自動車重量税納付について】

・自動車重量税納付書を運輸支局内の賛助会で入手
※軽自動車の場合は軽自動車検査協会内で入手できます。

・自動車重量税納付書の記入は車検証の内容と照らしながらご記入ください。
・自動車登録番号はナンバープレートと同じ番号を記入します。
・自動車検査証の有効期間は3年2年1年とあり、該当するものにチェックを入れてください。
・ほか、提出日、名前欄、自家用にチェックや納付金額の記入など。

重量税納付確認窓口にて重量税を確認のうえ印紙を購入添付し、納付という流れとなります。