経費節約:保険料が安くなるリスク細分型の条件と自動車保険の保険料比較について

万が一に備え加入は必須の任意保険、この自動車保険は決して安いと言えるものではありませんでしたが、数年前より「自動車保険保険料が最大30%〜40%安くなる」と言った内容のCM等を頻繁に目にします。
保険の自由化以降、生命保険はもちろん自動車保険においても保険料の割安感などを全面に出した契約者獲得競争が依然として続いている状態です。
このような競争により自動車保険保険料が安く、様々なトラブル時に対応してくれる無料サービスも増えたことは加入する側にとっては大きなメリットと言えるでしょう。
とは言え、貴方にとっての最適な自動車保険損害保険会社は新しい自動車保険の誕生などにより変わる場合もあるため、更新時期の3ヶ月くらい前よりカーライフに適した特約補償内容、保険料などを他損害保険会社比較し、常に最適と思える自動車保険に加入し続けることが自動車保険節約の大きなポイントと言えます。

Web自動車手続きミニガイド:リスク細分型自動車保険・自動車保険の比較見積り

現在の主流:一番安くなると言われるリスク細分型自動車保険とは?

リスク細分型自動車保険はおおむね以下9項目のリスク区分に基づき、各ドライバーの危険度を細分化し保険料を算出している点が大きな特徴です。※1

リスク区分 保険料:高い傾向 保険料:安い傾向
加入者の年齢 10代・20代 30代・40代・50代
性 別 男 性 女 性
運転目的 業務用・営業用 ドライブ、レジャー用
使用状況※走行距離等 毎日昼夜運転(多走行) 走行少なめ
車種・種別 スポーツカータイプ セダン等
安全装備 無し 有り
運転歴(事故歴・経験) 初心者、事故経験者 無事故
地 域 金融庁の地域区分ガイドラインにより変わる
所有台数 1台目 2台目以降

例えば「業務に車を使わず安全運転を続けている30歳以上の方」は、今後も事故を起こす危険度が低いと見なされ保険料がかなり割安となる傾向にあります。
表にいくつか該当される方や無事故を続けている方は他損保保険料と積極的に比べてみる価値が充分にあると言えるでしょう。※2


自動車保険を手軽に比べる見直すには?

気になる保険会社のホームページを調べたり電話で問い合わせるのも良いですが、インターネットから利用できる無料一括見積りサービスがやはり手軽で楽と言えます。
無料一括見積りサービスであれば、一度に各損保の保険料比較を含め様々な情報を比べることができます。
現在任意保険に加入している方はもちろん、任意保険をご検討中の方も利用できます。


【コメント】 自動車保険比較では先発系サービスです。
何かと面倒だった見積り請求を複数社に一括依頼できる場を早くから提供し、損害保険会社ごとに保険料や特約等に違いがある事を広めてくれた功績はかなり大きいと言えます。
自動車保険比較の詳しい説明もあり、良質で人気のあるサービスです。

【コメント】 自動車保険の資料を手に取り、じっくり比較する場合はどこよりもお勧めします。
一度の入力で最大20社のパンフレット、保険料見積りが入手できます。
ほか、ご利用された方全員に商品券が付いてきます。






当記事へのURL:This site is linkfree!!
http://www.netcom-jp.com/cns/saving/insurance.html
Comment

※1:リスク条件やリスクに対する基準は各損害保険会社ごとに若干違いがあります。
損害保険会社によって保険料が異なるのにはそういった理由もあります。


※2リスク細分型自動車保険は事故時の示談交渉サービスがほとんど標準で付帯され、万が一の時に安心できる点もポイント、国内従来型自動車保険に比べ現代の主流となりました。