自動車の希望ナンバーの申込み、申請手続きについて

好きな数字が自分のナンバープレートになる「希望ナンバープレート制」が日本でも平成11年5月より開始されています。(軽自動車は平成17年1月より開始)
こちらでは希望のナンバープレートに交換する場合の流れについて説明しています。

Web自動車手続きミニガイド:希望ナンバー概要と申込み、申請方法

希望ナンバー制度の概要


●希望ナンバー制を利用できる時とは

・車の新規登録時
・現在のナンバープレートの管轄が変更される場合の名義変更(移転登録)
・現在のナンバープレートの管轄が変更される場合の転居による住所変更(変更登録)
・現在のナンバープレートが破損、汚損した場合(上記の該当しない場合はこちらを理由に変更が可能)

●対象となる車
・登録自動車と軽自動車が対象。(軽自動車は自家用自動車のみが対象)
※バイクは現在のところ対象外

●希望ナンバーで希望できる箇所

・希望ナンバーで希望できる箇所は「4桁以下のアラビア数字の部分」のみであり、ひらがなや分類番号については希望できません。
・ご当地ナンバーに該当する地域にお住まいの方は、希望ナンバー制度の申込みを行なうことによりご当地名が付くナンバープレートの交付が受けられます。


●希望ナンバープレートは注文生産なため、交付金額が通常より高く、予約からナンバープレート交付までに要する期間(土・日曜日を除き)が4日間程度必要です。


●交付手数料(ナンバープレートの金額)※金額は改訂や各地域により若干異なります。

・大型ペイント式ナンバー:2枚で5000円ほど。
・大型字光式ナンバー:2枚で6300円ほど。


・中型ペイント式ナンバー:2枚で4100円ほど。
・中型字光式ナンバー:2枚で5500円ほど。


・軽自動車用:ペイント式ナンバー:2枚で4100円ほど。
・軽自動車用:字光式ナンバー:2枚で6500円ほど。


字光式ナンバープレートを希望した場合は、国土交通省が承認した透過式番号灯装置を車に装着しておく必要があります。
運輸支局で購入されるか「国土交通省基準試験適合品」であれば一般業者から予め購入しておくことも可能です。

透過式番号灯装置の金額はおよそ20000円ほどとお考えください。



●希望番号の種類
希望ナンバーには好きな数字を選ぶ一般希望番号と、抽選に申し込んだ人の中からコンピュータの抽選で当たった人のみが使える抽選希望番号の2種類があります。

抽選対象希望番号は毎週1回月曜日に抽選を行い、当選した方のみが取得できます。(自家用に限る)

基本な抽選希望番号はぜんぶで13通り

・・・1 ・・・7 ・・・8 ・・88 ・333 ・555 ・777
・888 11-11 33-33 55-55 77-77 88-88 -

【地域によっては独自の希望番号が抽選対象となっています】
たとえば:1122(いい夫婦)・1188(いいパパ)・数字一桁・2525など
地域については年々変動があり改訂が繰り返されていますので、最新の情報については以下リンク先よりご覧ください。

社団法人:全国標板協議会


【希望ナンバーの申込みについて】

インターネットをご利用できる方の希望ナンバー申込みは社団法人:全国標板協議会のサイトから可能です。

社団法人:全国標板協議会トップページ


お申込み完了後、メールが届きますのでそれらの手順に沿って手続きを進めてください。
・携帯電話のメールアドレスではご利用できません。
・24時間365日申し込むことができます。

・車の型式や車台番号等が必要となりますのでご用意ください。

【希望ナンバープレート交換までのおおまかな流れ】

@インターネットで希望するナンバーに当選したら交付手数料を支払います。(返信されてくるメールの内容を良くご確認ください)
※希望ナンバープレートは注文生産にて交付指定日までには4〜5営業日ほど待つ事になります。

Aナンバープレートの交付可能期間内にナンバープレートを管轄する運輸支局または軽自動車検査協会隣接の「希望番号予約センター」へ行き「希望番号予約済証」を入手。
※「受付番号」の記入がありますので、メモ等に控えておいてください。

B上記Aの日に新規登録・移転登録・登録番号変更申請等の手続きを済ませ新しいナンバープレートを取り付けて全て終了です。
※軽自動車以外の車はナンバープレートの封印作業が実施されますので、必ず車を持ち込む必要があります。
※軽自動車も旧ナンバープレートの返納がありますのでご注意を。(たいていは車に乗っていくと思いますが)

【もし新規登録・移転登録等の手続きの準備ができていない場合】
希望番号予約済証の有効期間はナンバープレートの交付可能日から1ケ月間です。書類等を早々に用意し、1ケ月を超えない間に登録手続き等を済ませましょう。

●破損、汚損による登録番号変更申請に必要なもの
・認印
・車検証
・申請書:自動車登録番号標交付(OCRシート)/軽自動車は自動車検査証記入申請書
※理由欄については汚損が理由の場合は「ナンバープレートの汚損」と明記
・自動車税・自動車取得税申告書(支払う必要がなくても申請は必要)
※認印と車検証以外の書類は現地にあります。記入参考例を見ながら記入して、不明な箇所はブランクのまま窓口に確認してください。
・ほか、ナンバープレートを外すためのドライバーを念のためお持ちください。






記事関連リンク

ご当地ナンバーについて
当記事へのURL:This site is linkfree!!
http://www.netcom-jp.com/cns/nopla/kibou.html