自動車の仮ナンバー(臨時運行許可制度)について

一時抹消登録中のクルマを復活させる手続きや車検切れのクルマを車検に通す場合など業者であれば積載車、ローダー、トランポがあるので問題ありませんが、自分で検査登録等(車検等)を行なう時に困るのが運輸支局まで車を持ち込む方法です。

そんな時のために、臨時的に公道を走行できる仮ナンバー(臨時運行許可制度)という制度があり、それら申請の手続きは運輸支局または市区町村のお役所が発行業務を行なっています。

仮ナンバーには、臨時運行ナンバーと、回送運行ナンバーがありますが個人が利用するのは臨時運行ナンバーの方となります。
※回送運行ナンバーは、主に自動車販売店やディーラーが業務に使用するためのものです。

Web自動車手続きミニガイド:仮ナンバー臨時運行許可制度)について

自動車の仮ナンバー(臨時運行許可制度)の概要と必要書類、申請について

【仮ナンバー(臨時運行許可制度)の利用目的と概要】

@新規登録、継続検査、再封印、登録番号標(ナンバープレート)再交付などのための回送であること。

A対象車は普通自動車、軽自動車、トラックなど。

B運行許可期間は長くても最長5日間まで。
※仮ナンバーを使用する日の当日、または前日(土曜、日曜、祝休日の場合はその前日)に借りる事ができます。

C借りる場所は陸運支局または市区町村のお役所。
※運行経路内にその地域が含まれている事が前提。お役所の課は地域により様々なため、受付でご確認ください。


申請し、貸し出されるのは臨時運行許可番号標(仮ナンバー)と臨時運行許可証の2点です。


【仮ナンバー申請手続き時の必要書類】

@自動車臨時運行許可申請書:手続き場所にあり。
・手数料として750円程度の手数料が必要

A自賠責保険証明書の原本:仮ナンバーを使用する日が自賠責有効期限内である事が前提です。
B窓口に来たひと本人を証明する:運転免許証、外国人登録証明書
C印鑑:窓口に来たひとの認印。法人での申請は役職印(会社名と代表者の名前が一緒になっている印鑑)

D以下いずれかの書類
・車検証:車検の有効切れのもの
・自動車検査証返納証明書
・抹消登録証明書
・登録識別情報等通知書
・登録事項等証明書
・通関証明書
・メーカー発行の譲渡証明書

【自動車臨時運行許可申請書の書き方例】

※車検証を見ながら記入してください。

・車名:車のメーカー名
・形状:箱型など
・車体番号:英数字と数字の番号
・運行の目的:車検のための回送とか、登録番号標再交付のための回送とか。
・運行の経路:車を置いてある所から目的地である運輸支局所在地までの道のりを想定し明記します。ある程度大雑把でも大丈夫です。
例:練馬区谷原〜練馬区北町

上記の通り経路の記入は比較的大雑把で良いのですが、書込んだ経路以外のとんでもない地域を走行することは許可されていません。


【仮ナンバー返却について】

仮ナンバーの返却にも有効期限が設けられていますのでご注意ください。
返却期限は、許可期間終了後だいたい5日以内です。
仮ナンバーを紛失、または返却しない場合は弁償金として実費1800円程度支払う必要があります。






当記事へのURL:This site is linkfree!!
http://www.netcom-jp.com/cns/nopla/karino.html