交通事故を起こした場合:現場検証/自動車保険/自賠責保険

前ページに続き「交通事故」を起こした場合についての解説となります。
こちらでは警察立会いの現場検証についてと自動車保険について説明です。

交通事故関連 現場検証/自動車の任意保険と自賠責保険

交通事故:現場検証について


警察官立会いの元に行なわれる現場検証の際は、聞かれたことに対して事実のみを正直にはっきり伝えなければなりません。
どちらの方向から進んできて速度は何キロ位出ていたか、何処でどういう具合にぶつかったかなど、事細かに聞かれますが明確に答える必要があります。
ただ、その時に警察官にどんなに相手が悪いと訴えても警察官側はあまり興味を示さず、どちらかと言えば事務的な対応と言った感じがするかも知れません。
これには理由があり、車両同士の軽い物損事故などに関しては民事不介入の原則があるためです。
※重大な事故や人身事故は別の取り扱いとなります。

つまるところ警察側は現場や状況の確認はしても弁償の割合などについては一切関与してくれません、それらに関しては加入している損害保険会社に任せる事となります。


交通事故の解決や補償で頼りとなるのは自動車の任意保険

契約している任意保険会社への連絡

任意保険に加入している方は、まず損害保険会社の事故受付サービスセンター等に連絡を取ります。
今の現状を明確に伝え、今後の対応やするべき事を確認してください。
※相手側の名前、連絡先など情報を聞かれますので、手元に用意してください。
そののち、損害保険会社から担当者の紹介がありますので事故当時の状況をさらに詳しく説明します。

損害保険会社に任せることができれば、損保のアジャスター(調査員)が事故分析や損害額などを調査し、双方の損保担当者間で連絡が取り行なわれながら最終的な過失割合が決定され、相手への補償等がなされます。


加入は自賠責保険のみだった場合はいろいろと覚悟が必要

ケガ人が出てしまったような重大な事故が起き、自賠責保険のみしか加入していなかった場合は、自賠責保険証明書に記載される引受損保へまず連絡し今後の対応をご確認ください。
なお、自賠責保険はケガまたは死亡した被害者(他人)への補償救済を目的としているため加入者への補償は一切ありません。 また、自賠責保険の場合は物(相手の車等も含む)を壊した際の損害も一切補償されません。
つまり、車同士の軽い物損事故と言った場合は自賠責保険は使うこと自体できない保険です。

自賠責保険の支払い限度額はケガで最高120万円まで、死亡時で最高3000万円までとなります。
この金額は相手が大怪我で入院すればあっという間に超えてしまいますし、死亡したとなればまったくお話にならないくらいの金額であることが多々あります。
任意保険には必ず加入しておきましょう。





当記事へのURL:This site is linkfree!!
http://www.netcom-jp.com/cns/jikoihan/jiko2.html