自動車:中古車個人売買、売り手側が買い手側に用意する書類

こちらでは、ネットオークションなどで中古車の個人売買が成立した際、売り手側が用意しなければならない書類買い手側に渡す書類などについて一通り解説しています。

Web自動車手続きミニガイド:中古車個人売買売り手側が買い手側に渡す書類について

中古車個人売買、売り手側が買い手側に渡す書類について


小型・普通乗用車の場合

■自動車検査証(車検証)
■印鑑証明書
※発行日より3ヶ月以内のもの。
■住民票:旧所有者の住所と車検証の住所が異なる場合に必要。
■氏名、住所を記入し、実印を押印した「委任状」
■氏名、住所を記入し、実印を押印した「譲渡証明書」※1
※上記、委任状と譲渡証明書は運輸支局近辺の代書屋で購入する事ができます。
■自動車税納税証明書(名義変更時や車検時に提示する必要があります)
・車の持ち主に毎年5月ごろに送付され、5月末までに納めた自動車税納付通知書の支払い済みと分かるもの。※2
■自陪責保険証明書
■定期検査記録簿(紛失していても特に問題はありません)
■リサイクル券(預託証明書):リサイクル料金をすでに支払ってある車両の場合のみ。※3


軽自動車の場合

■自動車検査証記入申請書:OCRシート軽専用第2号様式※4
・旧使用者欄と旧所有者欄に旧所有者の名前と住所、認印が押印されたもの。
■自動車検査証(車検証)
■軽自動車税納税証明書
・軽自動車の持ち主に毎年5月ごろに送付され、5月末までに納めた軽自動車税納付通知書の支払い済みと分かるもの。※5
■自陪責保険証明書
■定期検査記録簿(紛失していても特に問題はありません)
■リサイクル券(預託証明書)
※リサイクル料金をすでに支払ってある車両の場合のみ。


ローン中の車や車検証の所有者欄がディーラーやローン会社名である場合


ローン中で車検証の所有者欄がディーラーやローン会社名義になっている場合は、まずローンの残債を売り手側が完全に済ませる必要があります。
また、以前にローンの支払いが完了していても車検証の所有者欄がディーラーやローン会社名義のままであれば名義変更はできません。
これらの場合は売り手側が所有者欄に記載される所と予め連絡を取り、所有権解除に必要な書類(委任上、印鑑証明など)を入手しておく必要があります。


入手した「所有権解除の必要書類」は買い手側に全て預けてください。
書類さえ整っていれば買い手側による名義変更の際、所有権解除を特に意識することなくスムーズな名義変更手続きが可能となります。







当記事へのURL:This site is linkfree!!
http://www.netcom-jp.com/cns/individual/sell.html
Comment

※1:譲渡人印内に押印し、かつ枠外どこかに捨て印として押印したもの。


※2:自動車税納税通知書を持って金融機関等で自動車税を納めると支払い済み印が押されます。
支払い済み印が押された通知書は「自動車税納税証明書」に代わります。


※3:買い手側よりリサイクル料の支払い済み相当額をもらう事ができます。


※4:申請書類は軽自動車検査協会の事務所・支所で入手できます。


※5:軽自動車税納税通知書を持って金融機関等で軽自動車税を納めると支払い済み印が押されます。
支払い済み印が押された通知書は「軽自動車税納税証明書」に代わります。