オークション、友人等から購入した軽自動車の名義変更手続き、必要書類

軽自動車名義変更手続きは小型・普通乗用車等と比べ、用意する書類が少ないほかは基本的にほとんど同じです。
なお、車庫証明に関しては乗用車等と異なり、名義変更後に警察へ届け出すればよい決まりとなっています。
またナンバーが変わるとしてもアルミの封印作業がないため、車両の持込みは不要です。

Web自動車手続きミニガイド:軽自動車名義変更手続きについて

軽自動車の名義変更手続きはどこで行なう?

軽自動車名義変更は管轄する軽自動車検査協会の事務所、支所にて手続きを行ないます。
旧所有者と新所有者の管轄地域が異なる場合は、新しいナンバーに変更されます。※1

軽自動車の名義変更時に必要となる書類について

■自動車検査証記入申請書:OCRシート軽専用第2号様式
■軽自動車税・取得税申告書
※上記書類は軽自動車検査協会の事務所・支所内で入手できます。
■車検証
■新所有者の住民票(3ヶ月以内のもの)
■自賠責保険証
■認印
■旧ナンバープレート(ナンバーが変わる場合)
■ナンバーが変わる場合はナンバー代:1500円前後


自動車検査証記入申請書:OCRシート軽専用第2号様式の記入方法

■自動車検査証記入申請書(OCRシート軽専用第2号様式)には旧所有者の名前や印鑑を押す箇所があります。
・旧使用者欄と旧所有者欄に旧所有者の名前と住所、認印を押してもらいます。※2
■申請者の使用者欄には新所有者の住所と名前を記入し認印を押印します。
■申請者の所有者欄も同様に記入します、「使用者と同じ」と記入しても構いません。


他の記入欄は現地にあるサンプルと同様に記入します。 ◆「番号指示」の箇所はナンバーが変わる場合に記入します。
・用途1欄:乗用・貨物・特殊から数字を選んで記入。
・用途2欄:自家用・事業用等から数字を選んで記入。
・標板1欄:字光式のみ記入。
・標板2欄:ナンバープレートの大きさと枚数を選びます、自家用軽自動車の場合は「1」
◆「車台番号」は車検証を参考に下4桁の番号を記入、ローマ字の場合は該当する箇所を塗りつぶします。
◆「使用者氏名欄」は左に寄せて名前を記入します。
◆「住所欄」にはコード表を参考に住所コードを記入してください。

軽自動車の名義変更手続きのおおまかな流れ

地域によって異なる場合がありますが、受付け時間は祝日を除いた月曜〜金曜日の午前9時〜11時30分、午後は1時〜4時ごろまでとなります。
上記の申請書類等が一通り揃ったら軽自動車検査協会内の登録窓口へ提出します。
窓口に書類一式を提出後、混んでいなければ10分程度で名前が呼ばれます。
書類を受け取りましたら自分のものであるかどうか必ず確認してください。
この時点で「新車検証」が交付されています。
係の方に次に行く場所を伺ってください。(自動車税事務所を指示された場合は次へ)
ナンバーの変更がある場合は古いナンバーを返納し新しいナンバープレートを購入します。

軽自動車検査協会内にある自動車税事務所への申告

軽自動車税について

軽自動車税の場合は年度の途中で支払う必要はありませんが、税事務所での移転登録があった旨の申告を済ませないと軽自動車税納付書が旧所有者の元に郵送されてしまいます。

自動車取得税について

詳しくは当サイトの「自動車取得税」に解説されていますが、車の登録の際に支払う必要があります。
軽自動車の場合は取得価格に対して3%課税されます。※3


お疲れさまでした、以上で軽自動車名義変更手続きは完了です。※4
ナンバーの変更があった場合は車にしっかり取り付けておきましょう。


軽自動車検査協会の事務所、支所によっては流れが異なる場合があります、ご了承ください。







当記事へのURL:This site is linkfree!!
http://www.netcom-jp.com/cns/individual/keimeigi.html
Comment

※1:軽自動車の場合、1つの検査協会事務所が複数のナンバーを管轄している事があり、旧所有者と事務所が同じであってもナンバーが変更されるケースがあります。


※2:郵送でのやり取りなどでは時間が掛かるため、車の受渡し時に相手から預かっておくと良いでしょう。


※3自動車を購入した金額に対する3%ではありません。


※4:警察署への車庫届け出も忘れなくおこないましょう。