自動車保険:任意保険のあらまし。自賠責保険との違いについて。

自動車保険には公道を走るすべての車が原則加入している※1自賠責保険」と車の持ち主自身が任意に加入する「自動車任意保険」の二種類があります。
国内のおよそ70%の車が任意保険の対人賠償、対物賠償に加入していると言われますが、任意保険に入っていない車のドライバーは実はたいへんなリスクを負って公道を走らせていることになります。
自賠責保険の補償は事故相手のみに限られ(対人賠償)、ご自身のケガの治療や万一の死亡時に対する補償がありません。
また、自賠責保険は”対物”には適用されず相手の車や建造物等を壊した際の損害賠償についての補償もされないのです。

Web自動車手続きミニガイド:自動車の保険、任意保険自賠責保険の違い

自賠責保険の保険金支払い限度額と補償範囲

対人賠償:自賠責の場合、加害者以外の人が補償対象です。

・事故により死亡した人がいる場合、保険金は最高3000万円まで。
・事故により後遺障害となった場合、保険金は最高4000万円まで。
・事故によるケガの治療費、慰謝料等は最高120万円まで。


重大事故を起こした場合の賠償金は上記限度額では不足すると言われますが※2任意保険の対人賠償に入っていない場合、上記金額を超えた分は加害者の負担となります。

対物賠償(車や建造物、信号機などの破壊)

補償対象外なため、全て加害者の負担となります。

相手や同乗者の”いない”事故の補償範囲

補償はありません。

相手や同乗者が”いる”事故の補償範囲

加害者以外の人が補償の対象です。
事故の相手や相手の車の同乗者、加害者の車の同乗者、歩行者などが該当します。


任意保険について

万一の事故の際、自賠責保険だけでは不足となりがちな補償をカバーしてくれるのが自動車任意保険です。
任意保険は自賠責保険と異なり、対人・対物は数千万円〜無制限といったかけ方が可能であり、自分自身や車の補償などについても選べる点が特徴と言えます。
また、昔はどの損害保険会社に加入しても保険料や補償内容は同じでしたが、自由化以降は各保険会社により保険料や内容が様々となっています。


任意保険の保険金支払い限度額と補償範囲

対人賠償:任意保険の場合、加害者や被保険者以外の他人が補償対象です。

対人賠償の限度額は契約時に選べますが、無制限がやはり一番安心と言えます。
対物には限度額を設定しても対人賠償に限っては無制限に設定されている人が多いのではないでしょうか。
無制限の場合は、自賠責保険の補償限度額を超えた分を無制限に補償してくれます。


対物賠償:任意保険の場合、他人の物に与えた損害が補償対象です。

対物賠償の限度額も対人賠償と同様にいくつかのプランから選ぶことができます。
交通量の多い幹線道路や踏切りはほとんど走行しないと言った車の使い方であれば、無制限以外の選択も有りと言えます。※3
ご自身が走行するルートや環境を考えながら選ぶと良いでしょう。


自分自身や自分の車への補償には

任意保険の対人賠償と対物賠償であっても、それだけではご自身や自分の車への補償等はなされません。
それらの補償は任意保険とセット、または追加が可能な以下の保険プランによりカバーされる事となります。


搭乗者傷害保険/人身傷害補償保険/車両保険/自損事故保険/無保険者傷害保険
リンクされていない保険に関しては後日公開させていただきます。







当記事へのURL:This site is linkfree!!
http://www.netcom-jp.com/cns/hoken/insurance1.html
Comment

※1:自動車全般、二輪車は原付きも含みます。


※2:平成7年に出された判例では後遺障害を負った被害者への賠償金は2億9736万円にのぼったそうです。


※3:建物や信号機の破壊、高級車が絡む複合事故を考える必要もあり、最低でも2000万円以上の設定は必要かも知れません。
なお、めったにある事ではありませんが、電車との事故では億単位の賠償金となる可能性があるようです。