自動車保険:事故の修理や盗難時に役立つ「車両保険」について。

車両保険は任意保険の対物や対人賠償と言った相手に対する補償とはことなり、自分の車のためにかける保険です。 車両保険に入っている車の場合、事故などのトラブルで車の修理が必要となった時にはその修理にかかった費用分を保険会社が支払ってくれます。
例えば新車で購入して間もないクルマやまだローンが多く残っている車の事故、車の盗難時などには入っていて良かったと思える保険です。
車両保険は任意保険に加入する際に付けるか否かを選べますが、車両保険を付けるとその保険料はぐんと高くなる傾向にあります。
車両保険にはいくつかの種類があり、また、免責金額(自己負担額)を高めに設定することで保険料を抑えられる特徴があります。

Web自動車手続きミニガイド:自動車の保険、車両保険について

車両保険の種類

車両保険は主に以下の4種類に分けられます。

1:一般車両保険

オールリスクタイプなので保険料が最も高いのですが、単独の自損事故や当て逃げ、車の盗難も保険の対象となります。
単独の自損事故が補償されるのはこの「一般車両保険」のみです。

2:車対車プラスA特約(エコノミープラスA)

以下の3と4が組合わされた車両保険でエコノミーAとも呼ばれます、上記の一般車両保険に比べ保険料に割安感があります。
一般車両保険と異なるのは当て逃げや自損事故と言ったケースでは補償されない点です。※1
ほか、墜落、転落、転覆といった場合も補償対象外となります。
とは言え、車両盗難には対応していますので車を自分でどこかにぶつけてしまった場合はあきらめる!と考えられる方にはお勧めです。

3:車対車(エコノミー)

相手が確認できる他車との衝突、追突、接触等による損害のみ補償されます。

4:A特約

車両盗難、火災、爆発、台風、洪水、高潮、物の落下、落書き、いたずらなどによる損害がカバーされます。

車両保険の補償範囲(△は相手が確認できる車の場合に限定)

  1:一般車両保険 2:車対車+A 3:車対車 4:A特約
他車との衝突、追突、接触等 ×
車両の盗難 ×
単独自損事故 × × ×
当て逃げ × × ×
落書き、いたずら ×
火災・爆発 ×
台風・洪水・高潮・飛来物など ×

保険料の見積りを調べた際、「一般車両保険」では保険料が高すぎると言った場合は「エコノミーA」など他のプランにする方法と、免責金額を思いきって高く設定してしまう方法があります。※2
例えば免責金額を10万円に設定した契約では、代金が50万円かかる修理の場合10万円を自己負担し、残りの分は車両保険から支払われます。
免責金額を高めに設定すればするほど車両保険保険料は安くなります。


車両保険の意外な一面:入りたくても入れないケースも?

高額で特殊な車両の場合は車両保険契約に審査があり、それに通らなければ車両保険に入りたくても入れないなんて事があります。
例えば保険会社に問い合わせ、車名はフェラーリと伝えたら丁重にお断りなんて場合も。
保険会社側としてもリスクの観点から高額特殊車両の契約は慎重にならざるをえないのでしょう。※3

審査が行なわれる場合は保管場所の確認や車の写真を撮られたりと少し手間が掛かることがありますので、特殊な車両の場合は日数に余裕を持ち、早めに保険会社とコンタクトをお取りください。







当記事へのURL:This site is linkfree!!
http://www.netcom-jp.com/cns/hoken/insurance-car.html
Comment

※1:相手の車が確認できない事故や単独の自損事故は保険の支払い対象外となります。


※2:免責金額とは事故などで修理代が発生した時の自己負担額を言います。
設定できる免責金額には上限があり、大体20万円程度までとなります。


※3:断られないにしても、車両代金の満額契約が出来ないといったケースなどがあります。
すべての保険会社がそうとは言えませんが、新規契約の保険会社の場合は厳しくなる傾向にあります。