自動車:車庫証明の警察署窓口への申請方法から交付まで

こちらでは出来上がった車庫証明申請書類を持って警察署へ行った際の流れから受け取り(交付)の方法について説明しています。

Web自動車手続きミニガイド:車庫証明3/3:警察署窓口申請方法から交付まで

2012/02/18改定済

用意した申請書類を持って住所を管轄する警察署へ

受付:平日の午前8時30分〜5時15分ごろまで(地域で若干異なります)
※土、日、祝日、年末年始12/29〜1/3を除く

【申請時の流れ】

・申請書一式を交通課の「車庫証明窓口」に提出します。(代理人による提出可)
・次に車庫証明申請手数料の納付です。なお、車庫証明申請手数料の納付は現金ではなく印紙を購入する方法が取られています。「印紙購入窓口」は先ほどの「車庫証明窓口」のすぐそばか同じ建物内に有りますので迷う事はないと思います。

申請手数料:各都道府県によって異なりますが2000〜3000円程度が目安です。

・印紙購入窓口で所定の金額を支払うと受領印の用紙が渡されますので、それを持って最初の車庫証明窓口へ戻り提出します。

受領印の用紙を提出すると車庫証明書の交付日が明記される納入通知書兼領収書(受理票)が手渡されます。
以上で車庫証明申請の手続きは完了です、渡された納入通知書兼領収書(受理票)は大切に保管してください。
※交付されるまでの期間は各都道府県によって異なりますが、だいたい3〜7日間前後となります。

【車庫証明書の受取りの流れ(交付)】

車庫証明書の交付日となりましたら先日渡された納入通知書兼領収書(受理票)と認印を持って車庫証明窓口に行きます(代理人による受け取り可能)。

・車庫証明窓口ではまず「保管場所標章交付申請書」が渡されます。
・保管場所標章交付申請書を持って、申請時に印紙を購入した「印紙購入窓口」へ行き、標章(ステッカー)交付手数料として所定金額(500円ほど)の印紙を購入して納めます。
・標章(ステッカー)交付手数料の受領印用紙を持って再び「車庫証明窓口」に戻り提出します。

お疲れ様でした「自動車保管場所証明書(車庫証明書)」「保管場所標章番号通知書」「保管場所標章(ステッカー)」が交付されましたので受け取り印を押して全て完了です。

交付された「自動車保管場所証明書(車庫証明書)」は1ヶ月間有効となります。
販売店が名義変更などの登録手続きを行なってくれる場合は「自動車保管場所証明書」を販売店に渡して下さい。

■「保管場所標章(ステッカー)」は登録されたクルマのリアガラス左下に貼りつけ表示しておきましょう。

■「保管場所標章番号通知書」は車検証といっしょに大切に保存しておいてください。

地域によっては書式や金額、流れが異なる場合があります。

詳細に関しましては地域を管轄する警察署の車庫証明窓口までお問合せください。






当記事へのURL:This site is linkfree!!
http://www.netcom-jp.com/cns/general/syako3.html