軽自動車を中古車買取り専門店やディーラー等に売る時、用意する書類

軽自動車を中古車買取り専門店や販売店に売却する際は乗用車の場合とは異なり、実印や印鑑登録証明書が不要となります。

Web自動車手続きミニガイド:軽自動車を売る時に用意する書類について

2012/02/18改定済

中古車販売店・ディーラー・中古車買取り専門店への売却時に必要となる書類

軽自動車を手放す場合、廃車や中古車の個人売買以外であればディーラーへの下取り、中古車買取り専門店や中古車販売店に売却するケースがほとんどになると思います。

それら業者に売却する時にはどういった書類を用意すれば良いのか、また、ちょっと覚えておきたい事柄について解説しています。

【軽自動車を買取店等に売る際に用意する書類】

●自動車検査証(車検証)

●軽自動車税納税証明書
毎年5月ごろまでに送付され、5月31日までに納めた軽自動車税納付通知書の支払い済みと分かるもの。
万一紛失していても税事務所で再発行が可能ですので対応してくれますが、スムーズに売却するためには見つけておきましょう。

●自動車リサイクル券(預託済みの場合)
新車購入時や車検時にリサイクル料を支払った事があり、リサイクル券を紛失している場合はその旨を相談してください、再発行は可能です。

●認 印
認印は店側が用意する「自動車検査証記入申請書」などに捺印する際に必要です。

●自陪責保険証明書

【ローン中のクルマの場合】
ローン中の車は残債を精算するための書類を別途作成する必要があります。
手続きに関しては売却先が代行してくれますので、指定された書類を別に用意してください。

【軽自動車を売却する際にちょっと覚えておきたい事】

■売却金は現金のほか、振込みとなるケースも多いため振込先の口座情報が必要。

■売却先には名義が変わった事が証明できる「新車検証のコピー」または「名義変更完了通知書」と言ったものを依頼しておきましょう。
車を売却した際は、契約していた自動車保険会社にその旨を連絡する必要がありますが、その際に証明できる書類等を求められることがあるからです。

■軽自動車を売却しても年度末内(3月31日まで)に名義変更がされないと翌年度分の軽自動車税がかかります。(軽自動車税は4月1日時点の車の持ち主に対して課税されます)
トラブル防止のためにも年度末ぎりぎりの売却は避けるようにしましょう。
※なお乗用車の場合は自動車税の月割り還付という制度がありますが、軽自動車にはありません。


以上、詳細については軽自動車を売却するお店にご確認ください。





当記事へのURL:This site is linkfree!!
http://www.netcom-jp.com/cns/general/keisell.html