軽自動車:車検証の住所・氏名変更手続きについて

軽自動車の場合は軽自動車検査協会の事務所又は支所にて手続きを行ないます。
もしナンバーが変わるとしても軽自動車の場合はナンバープレートを予め外して持参すればよく、自動車を持込む必要がありません。
とは言ってもたいていは車に乗って手続きに行かれると思いますが・・・。

Web自動車手続きミニガイド:引っ越しや結婚等による軽自動車の住所・氏名変更手続き

軽自動車の住所・氏名変更の際に用意する書類について

軽自動車車検証の住所・氏名変更に必要となる書類


書類は以下1点のみとなり、軽自動車検査協会の事務所又は支所内にて購入できます。

■自動車検査証記入申請書:OCRシート軽専用第2号様式

車検証記載の「所有者」がローン会社やディーラー名などで、所有権留保車に該当する場合は注意が必要です。
上述、用意する自動車検査証記入申請書には「所有者」の印が必要となります。
まずは「所有者」に連絡をとり、住所変更や氏名変更手続きに関して相談してください。
業者であれば会社で保有している申請書に押印の上、郵送してくれる事もあるでしょう。


軽自動車の住所・氏名変更手続きの際に持参するもの

・自動車検査証(車検証)
・認 印
・印鑑証明書または住民票
(発行後3ヶ月以内のもの、2回以上の引っ越している場合は住民票の徐票など)
・結婚による氏名変更の場合は「戸籍妙本」を用意。
・引っ越した先の管轄が引っ越し前と同一の場合はナンバーは変わりませんが変わる場合にはナンバープレートが必要です。
予め外して持参するか、現地で外しましょう。
(ナンバープレート代金:1500円程度)


軽自動車の住所・氏名変更:手続きの流れ

手続きは引っ越した先を管轄する軽自動車検査協会の事務所又は支所で実施します。
軽自動車の場合、手数料は不要。
■見本を参考に自動車検査証記入申請書(OCRシート軽専用第2号様式)に記入。
・車両番号は車検証と同じ番号を記入。
・車台番号も同じように下4桁を記入。
・使用者氏名欄は結婚で氏名が変わった場合などのみ新しい名前を記入。
・使用者住所欄は住所が変わった場合のみ新しい住所のコード(数字)を調べ記入。
・申請者欄は現在の住所と氏名を記入し、認印を押印。
・ナンバーが変わる場合は予め外した古いナンバープレートを返納します。
■新車検証の交付がされます。
■軽自動車税の窓口にて申告を行ないます。※1
住所または氏名が変更となった事を伝え、渡される所定の軽自動車税申告書に必要事項を記入のうえ提出してください。


ナンバー変更がない場合はここで終了です。


ナンバーの変更がある場合

■新しいナンバープレートを窓口で購入し、車に取り付けて終了となります。


軽自動車の車庫届け出が必要な地域の場合

新しい住所を管轄する警察署に行き、「自動車保管場所届出」の申請を行なう必要があります。
詳細は当サイトの「軽自動車:保管場所届け出」を参照ください。


最後に:自賠責保険の加入会社に連絡を取り、住所や氏名を変更した旨を伝え所定の手続きを済ませましょう。


※手続きの流れは地域により若干異なる場合があります。
ご不明な点は管轄する軽自動車検査協会の事務所又は支所へ車検証をご用意のうえお問い合わせください。






当記事へのURL:This site is linkfree!!
http://www.netcom-jp.com/cns/general/keijyusyo.html
Comment

※1:軽自動車税を支払う必要はありませんが、申告は行なう必要があります。