軽自動車を自動車販売店から購入する時に用意する書類と軽の車庫証明について

ちらではディーラーや中古車販売店から「軽自動車」を購入する際に用意する書類について説明しています。

軽自動車購入の場合は「小型・普通車」より用意する書類が若干少なくて済みます。
また軽自動車購入の場合は「小型・普通車」といった乗用車購入と手続きの流れが大きく異なる部分があります。
それは、登録(ナンバープレートが付く)する前に車庫証明を取る必要がないという事です。

つまり軽自動車の場合は、ナンバープレートが付いてから管轄する警察署へ行き、車庫の届け出を行なえば良いので少し手軽です。
ご自身で届け出される場合は、Web自動車手続きミニガイド内の「軽自動車の保管場所届け出手続き」について参照してみてください。

Web自動車手続きミニガイド:軽自動車の購入時に用意する書類と車庫証明

2012/02/18改定済

ディーラーや中古車販売店から軽自動車を購入する時に用意する書類


【ディーラーや中古車販売店に渡す書類について】

・車の使用者となる人の住民票(発行後3ヶ月以内のもの)
※基本1通。販売店にご確認ください。

・印鑑
認印でOKです。印鑑は販売店が用意する「自動車検査証記入申請書」または「申請依頼書」に捺印する際に必要となります。


●軽自動車をローン(分割払い)で購入する場合
ローン申込みのための審査の書類等を別途作成する必要があります。販売店から指定される書類をご用意ください。
・銀行通帳、銀行の届出印、運転免許証、収入証明の書類など。


●未成年の方が軽自動車を購入する場合
未成年の場合は親権者または後見人の同意書、印鑑証明書が必要となることがあります。


●下取り車がある場合
・車検証
・自賠責保険証明書
・リサイクル券
・軽自動車納税証明書(毎年5月ごろまでに送付され、5月末までに納めた軽自動車税納付通知書の支払い済み印が押されたもの)



以上、詳細については軽自動車を購入する販売店にご確認ください。






当記事へのURL:This site is linkfree!!
http://www.netcom-jp.com/cns/general/keibuy.html